相模原市のむち打ち治療は相模原交通事故センターへ
HOME>交通事故の症状

| 交通事故の症状 |

むち打ち症の症状と分類
頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ
症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。