相模原市のむち打ち治療は相模原交通事故センターへ
HOME>設備紹介

設備紹介

レーザー治療
レーザー治療器 神経ブロック照射法という治療法は、痛みが比較的広範囲に及ぶ場合や特定の神経領域に痛みやしびれがある、いわゆる神経痛の治療などに行います。まず症状のある領域を支配している神経のポイントを決定しそこにレーザーを固定し10分間照射します。
超音波治療
超音波治療器

超音波療法は温熱および非温熱効果(音圧効果)を伴う理学療法の一種で,血流やコラーゲン線維組織の進展性を増加させる。医科領域では1930年代から超 音波の治療への応用が始まった。主として筋ならびに関節組織の障害に対して適用し,疼痛緩和と関節部可動化の獲得を目的とする。


マイクロカレント
複合機 極めて微弱な電流(微弱電流/Microcurrent)を
体に流す方法を採用したもので、「マイクロカレント」、「MCR」ともいいます。

通電時間や休止時間、周波数など、もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を流すことで、お肌や筋肉に刺激を与えます。
干渉波
干渉波治療器 干渉波とは、基本的に2対(4極)の電極を使用し、2種類の異なる中周波電流を体内に流し、その交点 の位相差から生じる低周波成分により刺激治療を行なう電気刺激療法である。干渉波刺激法は物理療法である電気刺激療法の中でもSSP療法と並び、今では代表的な治療法となっている。